乳癌の治療を行なうならプロフェッショナルがいるクリニックを!

早期発見と個別対応

婦人

対応により治る病気となる

最近、乳癌にかかったという方の話を聞く機会が多くなりました。なぜ増えたかについては、詳しくは分かっていないようですが、食生活の変化による発生自体の増加や、検診率の増加に伴う要因が挙げられるようです。乳癌は癌の中でも、早期発見と適切な治療により完治する場合が多い病気です。早期の段階で乳癌が発見されて治療した場合、5年後の生存率は90%を超えて、死なない癌になっています。どのようにして早期発見をするかですが、定期的に検診を受けるのが良いです。よく、自分で触った際にしこりを感じて乳癌に気づいたなどの話を聞くことがありますが、この場合はすでに早期でないことがあります。検診については、面倒がって敬遠される方が多いようですが、治る段階で発見するという観点で検診を受けるようにしましょう。費用についても、自治体などから配布されるクーポンを上手く利用すると良いです。もし検診で乳癌が発見されても、医師と治療方法を相談して、自分に合った内容を選択することが重要です。

セカンドオピニオン

乳癌の治療方法は、年々目まぐるしく進化し続けています。今では、乳癌の中でも種類が細分化されていて、それぞれの種類に合った治療法が存在します。この状況の中で、乳腺医師の中でも考え方に広がりがあるようです。もちろん、全ての医師は患者さんの命と健康の維持を目的に治療にあたっていますが、治療方法の選択においてバラツキがあります。例えば、手術をして患部を取り除くことから始める医師や、手術前に抗がん剤治療を先行させて、取り除く部分を小さくすることから始める医師など色々です。患者さんにしても、女性のシンボルである乳房を切除したくない、抗がん剤による副作用が嫌だ、など色々あります。なので、個別に合う治療方法を実施してくれる医師を見つけることが重要になります。そんな時に使えるのがセカンドオピニオンです。最初に受診した医師の診断内容の他に、別の医師の意見を聞きたいときに診断結果を持って聞きに行くことができます。このようにして納得する、治療を受けることが重要です。

早期発見すれば完治します

女性

乳癌は早期発見して治療すれば完治します。それには定期検診が必要ですが、従来のマンモグラフィーは痛いので敬遠する人も多いです。最近は全く痛みのないマミーブレストPETという検診方法もあります。乳癌治療の特徴は女性らしさを損なうという点です。以前は切除手術が一般的でしたが、最近は温存治療が増えています。

View Detail

乳房で発生する癌細胞

医者

乳癌は転移しにくい癌なので、早期に治療を施せば完治させることが可能です。治療は、まずは病巣を手術で摘出し、残った癌細胞を抗癌剤で除去するという方法でおこなわれています。昨今では手術では、乳房の皮膚が残されるようになっています。そのため完治後には、人工乳房の挿入により、乳房の膨らみがよみがえります。

View Detail

女性のがんの対処法

白衣

乳癌の治療には、多くは外科的な手術が行われますが、他にも薬物療法、放射線療法などの方法も挙げられます。それぞれの状況によってその治療内容は異なってきますが、早期診断、治療によってがんの進行は防ぐことが可能です。

View Detail